書籍詳細 一覧へ戻る

c1c0c5bda91daa128c82549050269e04

宿命の婚姻 ~花嫁は褥で愛される

義月粧子 / 著
みずかねりょう / イラスト
ISBNコード 978-4-86457-080-0
サイズ 文庫本
本体価格 本体582円+税
発売日 2014/08/18
発売 ジュリアンパブリッシング

お取り扱い店

  • Amazon
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • 楽天

電子配信書店

  • ブックパス
  • どこでも読書
  • どこでも読書
  • パピレス
  • Renta
  • DMM
  • ebookjapan
  • まんがこっち
  • Amazon kindle
  • 楽天kobo

内容紹介

アルバイト先のホテルで行われた受賞パーティで、笠置ゆうはある男と出会う。目が合った瞬間、心を奪われ、衝撃が全身を駆け抜けた――。数日後、笠置家の末裔として、鷹司家の次期当主である柾啓の「花嫁」を選ぶためのお茶会という名の見合いに招待されたゆう。そして、そこに鎮座するのは、ホテルで出会った男だった。花嫁として迎えられたゆうは、惹かれる気持ちが止められず、柾啓の熱い指に翻弄される。躰の相性は合うも、柾啓の態度はつれなくて……!? 至福のオール書下ろし。

人物紹介

笠置 ゆう(かさぎ ゆう)

天涯孤独の中、アルバイトで生活している24歳。
笠置家の末裔として鷹司家次期当主に「娶られる」ことになる!?

鷹司 柾啓(たかつかさ まさのぶ)

資産家である鷹司家の次期当主。
安定だと思われた鷹司家の運気が下がり、事業が傾き始める。
仕方なく笠置の者を娶ることにしたが……。

立ち読み

 真面目に今後のことを考えるつもりだったのに、非現実的な体験のせいですっかり疲れてしまったらしく、寮に戻ると一気に眠気が襲ってきた。
 ん……、なんか気持ちいい。
 寝惚けているのか、なんだか身体が熱い。
「あ……」
 唇を塞がれて、俺は焦った。
 舌が入ってきて、俺の中を舐めまわして舌を捉える。
「んっ…」
 なに、こんな気持ちいいキス、初めてだ。
 俺を煽るように、舌を吸う。
 ふと気付くと、俺は下半身を大きく開かされていた。
 勃起した俺のものを、さっきの舌が舐め回している。
「は、あっ……」
 なにこれ…。やばいよ……。
 むちゃくちゃ気持ちよくて、俺は必死で喘いでいた。
 口に含まれて、唇できつく締め付けられる。見事なディープスロートに俺は翻弄された。
 ふと、俺のものを咥えている人物と目が合う。
「え……」
 その鋭い目は、さっき会ったばかりの……。
 その目が、僅かに細められて、俺を咥えたまま微笑した。
 やば……。
 俺は咥えられたまま、白濁したものを迸らせた。
『…濃いな』
 男はそう云うと、白く濡れた唇をべろりと舐める。
「あ……」
 逝ったばかりなのに、俺のものはびくりと持ち上がる。
『…元気だな』

この続きは「宿命の婚姻~花嫁は褥で愛される」でお楽しみください♪